マガジンのカバー画像

セルソースとスポーツ

11
スポーツに関連した記事をまとめています。
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

セルソースとの5年間

セルソースとの所属契約が満了となりました。 これからも、セルソース、そして裙本社長は僕の中で特別な存在であり、関係性が切れるわけではないけど、「セルソース所属」アスリートとしての活動は終了です。 まずは、プロになって5年間、セルソース所属アスリートとして活動できたこと、サポートして頂いたことに心から感謝します。 少しだけ5年間を振り返ってみます。 セルソース、そして裙本さんとの出会いはプロ転向を発表してすぐの2018年9月。僕がプロ転向を発表したニュースをみて、裙本さ

刈谷をもう一度”サッカーの街”に。FC刈谷とおおすが整形外科が紡ぐ物語とは。

2023年8月5日、ウェーブスタジアム刈谷にて行われた「FC刈谷 対 FC ISE-SHIMA」の一戦。この冠ゲームスポンサーは、セルソースでした。   B to B事業をベースとする当社が所謂”スポンサー”になるのは極めて珍しいのですが、提携医療機関である「おおすが整形外科」と「FC刈谷」、この2つの組織が共有する想いや描く未来に共感し、お引き受けいたしました。   今回、FC刈谷 佐々木代表取締役社長と、おおすが整形外科 大須賀院長にお時間をいただき、お二人が持つ熱い想い

【特集】競泳 立石諒選手にインタビュー。一度は競技を離れたオリンピックメダリストが、5年ぶりに今を語る。

日本水泳界の一時代を牽引し、2012年ロンドンオリンピックでは200m平泳ぎで銅メダルを獲得した立石諒選手。 2017年に現役引退を表明しましたが、2022年1月に5年ぶりの現役復帰を発表し、世間を驚かせました。 そんな立石選手に、「現役復帰に至った経緯」や「復帰から今日に至るまで」のお話を伺いました。 ロンドンオリンピックを振り返って――2012年ロンドンオリンピックの出場権を勝ち取った瞬間はどのような心境でしたか。 大学を休学し、人生を賭けてオリンピックを狙ってい

【特集】INAC神戸レオネッサ 脇阪選手にインタビュー。ポリシーは「つよく、かわいく、かっこよく」

セルソースは現在、15のスポーツチームとメディカルパートナー契約を締結しており、プロ女子サッカーリーグであるWEリーグ所属の「INAC神戸レオネッサ」とも、2022年8月よりご一緒しています(当社のメディカルパートナー契約についてはこちらの記事をご覧ください)。 その「INAC神戸レオネッサ」に今シーズン(2022-23シーズン)から所属している脇阪選手に、サッカーを始めたきっかけから、女性アスリートとして活動する思いをお伺いしました。 「あなたはプロを目指せるよ」の言葉

【特集】茨城ロボッツ躍動の陰の立役者、中島翔アスレティックトレーナーにインタビュー。選手に長く競技を続けてもらうために、トレーナーとして大事にしていること。

アスリートがベストなパフォーマンスを発揮するためには、トレーナーの存在が必要不可欠です。その中でも「アスレティックトレーナー」は、選手が怪我をしないよう予防したり、怪我をしてしまったときに応急処置を行ったり、選手が出来るだけ万全の状態でプレーをするためのサポートをしています。   今回は、セルソースがメディカルパートナーを務める「茨城ロボッツ」のアスレティックトレーナー 中島さんに、アスレティックトレーナーになったきっかけや、仕事をする上で大切にしていることを伺いました。

【特集】茨城ロボッツ鶴巻啓太選手にインタビュー。地元でプロアスリートとして活動することへの思い。

セルソースは現在、17のスポーツチームとメディカルパートナー契約を締結しており、プロバスケットリーグであるB.LEAGUEに所属する「茨城ロボッツ」とも、2021年12月よりメディカルパートナーとしてご一緒しています。(当社のメディカルパートナー契約についてはこちらの記事をご覧ください)   そんな「茨城ロボッツ」に所属し、昨年10月に怪我から復帰された鶴巻選手に、バスケットを始めたきっかけから、地元茨城で活動する思いをお伺いしました。 物心ついた時から、ずっとバスケのこと

【セルソース✖︎TWOLAPS TC】

合同会社TWOLAPSは、「スポーツを通じて人を繋げエンパワーメントする」をVISIONに掲げています。ここに、心強い仲間 【セルソース】さんからサポートいただけることとなりました。TWOLAPSとスポーツを通じてエンパワーメントする歩みを共に進めてくれるセルソースさんとセルソースさんからいただいているメディカルサポートの可能性を記事にしたいと思います。 ※セルソースさんNote 再生医療の恩恵まず、TWOLAPS TCの選手も何名の選手が既にセルソースさんのメディカルサ

【青山学院大学 太田蒼生選手インタビュー】 大きな大会ほど楽しい。夢は世界で活躍すること。

現在、青山学院大学2年生の太田選手。昨年の上半期は怪我で思うような練習が出来なかった中、今年の箱根駅伝では4区を走り、区間2位という好成績で活躍されました。   「箱根駅伝は1年の中で最も楽しい時間」と表現する太田選手に、長距離を始めたきっかけや、今後の抱負を伺いました。 サッカーのトレーニングで始めた長距離 ーーまず最初に、太田選手が長距離ランナーになったきっかけを教えてください。   元々中学1年生までサッカーをやっていたのですが、結果が振るわず・・・。当時トレーニン

合同会社TWOLAPSとメディカルパートナー契約を締結しました。

この度、セルソースは合同会社TWOLAPSとメディカルパートナー契約を締結し、選手及びコーチ各位を医療面からサポートしていきます。   今回は新たにご縁の生まれたTWOLAPSについてと、我々がこのパートナー契約に込める想いをお伝えしたいと思います。 合同会社TWOLAPSとTWOLAPS TC合同会社TWOLAPS 合同会社TWOLAPSは「スポーツを通じて人を繋げエンパワーメントする」をVisionに掲げる陸上を中心としたスポーツベンチャー企業です。   同社代表は日

【後編】神野大地選手 独占インタビュー 地域活動に込める想い、そしてオリンピックに向けて。(全2回)

青山学院大学時代に「3代目山の神」として一世を風靡した神野大地選手(セルソース所属)。その後実業団に入りマラソンを始め、プロに転向して5年が経ちます。 そんな神野選手へのインタビューを、二回にわたってお送りしています。後編である今回は、プロ転向後の苦しみの中で気付いたこと、地域との関わり、そしてオリンピックに向けての想いを聞きました。 結果を出すためにプロに転向。セルソースとの出会い。ーーセルソース所属となったきっかけを教えてください。 プロに転向すると決めて所属先を探

【前編】神野大地選手 独占インタビュー 「山の神」から「プロランナー・神野大地」に。(全2回)

青山学院大学時代に「3代目山の神」として一世を風靡した神野大地選手(セルソース所属)。その後実業団に入りマラソンを始め、プロに転向して5年が経ちます。 そんな神野選手へのインタビューを、二回にわたってお送りします。前編である今回は、陸上を始めてからプロになるまでのランナー人生を振り返ります。 彼のランナー人生には、常に素敵な人との不思議なご縁がありました。 エリートではなかった幼少期ーー神野さんが長距離ランナーになったきっかけを教えてください。 短距離は文化部の人より